『ラクトゲン受容体』をご存知ですか?ラクトゲン受容体は、誰の体内にも存在する組織であり、私たちのバストを豊かにしてくれる救世主です!

・・・とはいえ、医学的に因果関係が証明されているわけではありません。「恐らくは関係が~」という段階であり、因果関係を否定する医師も少なからずいます。が!個人的には、分析結果の続報が待ち遠しくて仕方がありません。

ラクトゲン受容体は、バストアップの"受け皿"的な働きをすると推測されています。

組織が活発化するのは、主に成長期(12歳~18歳))です。ラクトゲン受容体はその名の通り、体の内外両面から刺激に反応します。

成長期の場合は、成長ホルモンの作用に刺激を受けるとされています。ラクトゲン受容体は乳腺内で生成され、刺激を受け、私たちの胸を膨らませてくれるのです。

しかしながら残念なことに、ラクトゲン受容体がどれだけ生成されるかは個人差があります。同い年なのに、あの子はEカップ、私はAカップ・・・なんてことも、十分にあり得るのです。

もちろん、ラクトゲン受容体が全てではありません。刺激を与える成長ホルモンが少なければ、思うように活動が出来ない為です。

時々「ラクトゲン受容体を意図的に増やすことは出来ないの?」「サプリメントとかないの?」という意見を目にしますが、残念ながら答えはNOです。

しかし私たちの体は不思議なもので、成人後(20代~30代)にらラクトゲン受容体が活発化するケースが確認されています。

この場合も成長ホルモンは必須ですが、こちらは生活習慣である程度賄えます。オススメは、睡眠前のストレッチ。体をほぐし血流を促進した後に、質の良い睡眠をとりましょう。

つまるところ、健康が第一!ということです。

もちろん、健康マニアになれというわけではありません。食事や入浴の際に少し気をつけるだけでも、体は健康体に近づきます。

自分がやれることを、やれる範囲で続ける。これが一番ストレスがなく、また一番楽な方法です。

多くの女性が寝る時にはブラを外すと思いますが、寝る時にブラを外す事でバストが垂れてしまったり、形が悪くなってしまう原因になる事は知っていますか?


特に胸のサイズが大きい人ほど若い頃はよくても年をとって胸が垂れてきたらどうしよう?
と不安に思っている人もいるでしょう。

そうかといって寝る時にブラをつけるのは圧迫感があって嫌だ、寝る時ぐらいリラックスしたいと思いますよね。

だからこそこうゆうブラがある事を知っていますか?

寝る時に圧迫感がなく、それでいて胸が垂れるのを防止してくれる夜専用のナイトブラです。

価格も一般的なブラと違って専用のブラなら割高になるんじゃないの?


と思われるかもしれませんが、あるサイトでは送料込みで1000円以内で販売していましたから一般的なブラよりももしかするとお買い得かもしれませんね。


肩こりや頭痛がブラなどによる矯正下着の締め付けが原因で起きるケースがあるようです。

なのでどんなブラなんてどれも同じだとか見た目が可愛いものを重視とか、そうゆう選択肢ではなく、身体にいいものを選びたいですよね。

特に人間は1日の3分の1の時間を睡眠時間に費やしますから質のいい睡眠のためにもナイトブラをつける事をおススメします。